アタマジラミ プール

頭じらみは共有部分に気を付けて!

 

頭じらみが学校のプールで感染すると言う話はよく聞きます。

 

でも、それは頭じらみがプール内で感染するということではなく、プール使う水泳帽、タオル、ロッカーなどの共有が問題になっているようです。

 

頭じらみの感染者が使ったタオルを、ロッカーに置いておくと、やっぱりその時の反動で、ロッカーに頭じらみが落下してしまうことってありますからね。

 

そうなってしまうと、次にロッカーを使う人が、頭じらみが要るとも知らないで、その上に荷物を置いてしまい、気づいたら、頭じらみの感染したタオルで頭を拭いたりして、結局頭じらみになってしまうことがあります。

 

学校での頭じらみの感染っていうのは、共有部分を使う時に、注意をしないといけないんですよね。

 

何も考えないでいると、知らない間に頭じらみになってしまいます。

 

でも、本当だったら、頭じらみっていうのは、感染したら、1週間はお休みなるとか、法律がちゃんとあれば良いんですけどね。

 

頭じらみは体が元気だから、出席停止なんかにはなりませんが。

 

親や子供の中では、やっぱり頭じらみに感染した子は、出来るだけお休みした方が、色々な意味で安心なんじゃないのかなって思いますね。

 

感染者だって完治がわかってから通学したいですよね。

 

アタマジラミ004