アタマジラミ 予防法

アタマジラミの予防の仕方

 

アタマジラミはうつりかたを知っていれば、事前に予防することが可能です。

 

アタマジラミのうつりかたとしては、感染者との物の共有が原因になります。

 

特に小さな兄弟がいる家では、子供同士がじゃれ合って遊ぶことが多いので、アタマジラミに感染しやすいです。

 

大人になると、じゃれ合って遊ぶことも減りますので、アタマジラミの感染も低いです。

 

やはり幼稚園や小学校の低学年くらいまでがアタマジラミの感染のピークと言われています。

 

当然、小学校の高学年でも、高校生でも、大人でも、運が悪ければ感染してしまうことがありますが、小さな子供が一番危険です。

 

特に最近は、スマホや携帯ゲームの小さな画面を一緒に見るのに頭をくっつけることが多いので、アタマジラミの感染者と接触することも多いです。

 

アタマジラミに感染している場合、やはり小さな子供にも、出来るだけお友達と頭をくっつけないことを注意をしておく必要があります。

 

自然と距離が近くなってしまうのは仕方ないですが、やはり頭皮の接触については、言い聞かせておきましょう。

 

また、タオルなどもお友達と共有しないようにしないといけません。

 

アタマジラミが感染している子供の親も、やはり周りに気を遣って大変です!

 

アタマジラミ015