アタマジラミ 対処法

アタマジラミに感染しないための対処法

アタマジラミはシラミとも呼ばれ、頭に住みついて吸血行為をするために痒くなることで有名です。

 

それゆえにイメージ的には不衛生だと思われがちですが、実際には衛生面は関係なく、毎日頭を洗って清潔にしていても感染する可能性はあります。

 

その感染経路としては、おもに直接的な経路では、スキンシップなどで頭と頭を合わせて髪の毛が触れ合うような場合などで、この場合は子供が集団で集まるような場所で発生するリスクが高い傾向にあります。

 

また間接的な経路もあり、こちらはタオルや枕、シーツなどを共有していると発生しやすく、それゆえに子供が保育施設などからもらってきて、それが今度は家族にも感染してしまうといった例などもよくあります。

 

そこで効果的な対処法としては、やはり感染しないようにすることが有力であり、タオルや枕、シーツなどはたとえ家族でも共有しないことが大切です。

 

またアタマジラミは髪の毛から落下して床に落ちる可能性もあるので、床に寝転がるなどの行為はせず、床掃除はこまめにしっかり実施するようにしましょう。

 

また洗濯については、感染者のものだけを別に洗うのも良いですが、それだと面倒であるため、洗濯物を60度以上の熱湯に五分ほど浸す熱湯消毒を実施するのもお勧めです。

 

あとは洗髪の際に専用の薬用シャンプーであるスミスリンシャンプーを使用することは定番で、完治のための対処方法としてもっとも効果的な方法の一つでもあります。

 

ちなみに頭を洗う場合はスミスリンシャンプーほどの高い効果はありませんが、抗菌作用のあるティーツリーオイルや酢などを使用してもアタマジラミを弱らせることができますし、シャンプーだけでなくスミスリンパウダーも存在しているので、そちらを使用しても良いでしょう。

 

そして男の子ならば丸坊主にするといった方法も効果的ですし、アタマジラミ対策専用のニットフリーコームという目の細かい櫛を使えば、目が細かい上に歯がついているためにアタマジラミが引っかかり、念入りに髪の毛を梳かすことでシラミを除去することが可能です。

 

シラミ駆除に使用する専用のコームの紹介

 

アタマジラミ0597

 

オススメできない対処法

アタマジラミのカラーリング対処法は幼い子供の頭皮には負担が強くオススメできません。

 

アタマジラミは大人の場合あまり感染することはありませんが、子供の場合は学校などでうつるので心配です。

 

効果的な対処法の1つにカラーリングの方法があり、実践すると人の頭皮に付きにくいという噂があります。

 

実はこれは本当の話で、もちろん全員につかない効果があるわけではありませんが、アタマジラミがカラーリングを好きでないのは事実です。

 

カラーリングすると発がん性物質による経皮毒があることが指摘されていますが、人間では感じることができない危険性を嗅ぎ取る虫はその毒性を嫌っていると考えられます。

 

農薬を沢山使った野菜は見た目が綺麗ですが、その分危険性が高く、虫が食べないのとよく似ています。

 

アタマジラミをカラーリングで駆除できるのは確かで、毒性のある薬品が使われているので成虫を殺すことが可能です。

 

染めている髪をアタマジラミが好まないのは、化学薬品を使っているので住みにくい環境になるからでしょう。

 

カラーリングすると人間にとっても嫌なニオイがするもので、鼻につく独特の異臭がします。

 

アタマジラミからしてもそれは同じことが言え、定期的にしている人の頭皮に住み着くより何もしていない頭皮の方が良いのは当然です。

 

頭皮の血を吸ってアタマジラミは生きていますが、カラーリングで頭皮が影響を受けると味も好まない物に変化するのかもしれません。

 

カラーリングによる対処法は非常に有効ではあるのですが、実践すれば感染しないという保証はありません。

 

卵については全部取り切れないケースが多く、得られる効果は卵の数が少なくなる程度です。

 

成虫は駆除できても卵は最後まで残りやすく、完全に息の根を止めるには熱湯消毒するか孵化するまで待つ必要があります。

 

幼稚園や小学生くらいの子供にカラーリングを使用すると頭皮を傷める可能性があるので、幼い子供にオススメできる方法ではありません。

 

実際に感染した時はやはり病院で駆除するのが一番で、その方が確実で安心です。

 

病院に行かなくても市販薬があるので、まずは市販薬から試してみるのも良いでしょう。

 

アタマジラミ0598