アタマジラミ 対策

アタマジラミ症が移らないための対策とは

戦前に日本で数多くの人が感染していたアタマジラミは、第二次世界大戦後に有機塩素系の殺虫剤であるDDTの大量散布によって感染は非常に少なくなりましたが、1971年には殺虫剤としてのDDTの製造が中止になり、海外交流で欧米で流行っていたアタマジラミが再び日本に持ち込まれました。

 

このアタマジラミは頭や身の回り品からも移る性質があります。頭と頭が接触したり、集団生活を行う学校などでは感染しやすくなってしまうのです。

 

その為に顔を近づけて遊ぶ機会の多い幼い子がいる保育園や幼稚園児、小学生などの感染が多くなります。さらには戦前・戦後のようにアタマジラミの事を知らない世代が親になった事で、子どもの頭に移っていることに気付かないまま放置し、拡大してくケースもあるのです。
幼稚園や保育園などの幼い子ども間での感染が多いアタマジラミですが、大人 うつる事も考えなければなりません。学校などの集団の場で感染した子どもが家庭にアタマジラミを持ち帰り、家の中で兄弟や姉妹、さらには子どもと接する機会の多い母親に感染するケースが多いのです。

 

家庭内でせっかく治った子どもに再び感染しないためにも、子どもだけでは無く大人にもうつる事を踏まえた対策が必要になります。

 

移らないための対策としては、クシやブラシ、バスタオルなどの使い回しは絶対に行わないことが大切です。

 

特に学校に居る間は親の目が行き届かないために、子どもにもしっかりと言い聞かせることが大切です。

 

とはいえ、幼い子どもに頭を近づけて遊ばない様に言っても、難しい部分もある為に、プールやお風呂などに学校で入ったり、宿泊する環境があった後などは、子どもの頭をしっかりと確認してアタマジラミが発生していないかを確認する事が大切になります。

 

アタマジラミは60度以上のお湯に5分以上浸けて消毒しておけば付着している幼虫や成虫、卵は死滅するために、学校などで感染が流行っている場合には、下着やシーツ、枕カバーなどを洗濯する前に熱湯消毒することが大切になります。

 

感染が確認されたら卵が少ない間に専用のクシで取り除き、シラミ用の駆除シャンプーを使用します。

 

アタマジラミ0595