アタマジラミ 駆除注意点

園児のアタマジラミを駆除する際の注意点

アタマジラミは頭髪の接触によってうつるため、子供同士が集まって遊ぶことが多い小学校や幼稚園などで感染しやすいといわれています。もしも園児がアタマジラミに感染をしてしまったら、どのような点に注意をして駆除を行うべきでしょうか。

 

まず最初に気をつけたいことは、アタマジラミに感染してしまった本人の気持ちを傷つけてしまわないよう注意することです。昔は不衛生にしているとアタマジラミが付くと考えられていたため、現代においても誤解されてしまうことがあります。

 

実際には、アタマジラミの感染と衛生状態に関連はなく、どんなに清潔にしていてもうつってしまう可能性があるのです。もしも本人が気にしているようなら、髪の毛が汚いからアタマジラミが付いたのではないということを伝えてあげると良いでしょう。

 

シラミ駆除のためには専用のシャンプーを使用し、毎日洗髪を行うのが有効だといわれています。小学校高学年程度のお子さんであれば自分でしっかりと洗髪することができますが、園児の場合は難しいでしょう。

 

生え際から頭頂部まで洗い残しがないよう、大人が丁寧に洗ってあげる必要があります。洗髪のあとには、濡れたままの髪を目の細かい専用のクシで根元から梳かしていき卵を駆除していきます。

 

アタマジラミは毎日卵を産み増えていくため、身の回りのタオルや寝具等をこまめに洗濯しておくことも大切です。枕カバー・シーツや使用したタオルは毎日洗濯し、布団類もなるべく日に当てるようにしましょう。ブラシやクシ・帽子等頭髪に触れるアイテムはこまめに消毒を行い、他の家族と共用しないよう気を配ることも大切です。

 

アタマジラミは頭髪に住み着いていますので、髪の毛はなるべく短くカットした方が駆除しやすくなります。男の子であれば思いっきり短くカットしてしまうのも、一つの手でしょう。

 

頭皮を掻いてしまう場合には、皮膚科に相談をしてかゆみ止めなどの処方を受けることをおすすめします。

 

アタマジラミ0560
アタマジラミ駆除専用のシラミンシャンプー