アタマジラミ スイミング

アタマジラミをスイミング施設でもらう

スイミング施設に行ったのをきっかけに、アタマジラミ症になってしまうケースは意外と多いそうです。しかし、スイミング施設は塩素での消毒を徹底している筈。それなのに、なぜアタマジラミがいるのでしょうか?調べたところ、プールの中にアタマジラミがいる訳ではないと分かりました。

 

具体的には、ロッカーや脱衣籠の中にいるそうです。アタマジラミ症の人が先にそこを使っていると、その人のタオルや服に付着していたアタマジラミが落ちている危険性が高いんですね。そのため、スイミング施設側の衛生管理では限界があるため、利用者の方で個別に対策を執る必要があります。

 

とは言っても、そこまで大げさなことはしなくて良いそうです。なぜなら、タオルや着替えがすっぽり入る程度の大きめの袋を1枚持って行くだけで済むからです。つまり、自分のタオルや着替えをそのままロッカーや脱衣籠に入れるのではなく、その袋でガードしてから入れるようにするということです。

 

これで、ロッカーや脱衣籠にアタマジラミが落ちていても心配要りません。ただし、万が一のこともあるため、水着やタオル等を洗濯際は予め60度程度のお湯に10分以上浸す熱湯消毒を講じた方が安全とのことでした。

 

アタマジラミ0557

 

シラミ駆除に関してのページ

 

アタマジラミがソファーに付着している

 

アタマジラミ症を患っていると、ソファーやカーペット等にアタマジラミを付着させかねないそうです。なぜなら、頭部に寄生しているアタマジラミは、髪の毛に強くへばり付いている卵と異なり、意外とすぐ落ちてしまうからです。つまり、治療した後にすぐぶり返したり、他の家族にアタマジラミ症を拡大感染させたりする危険性があるということです。

 

しかし、アタマジラミが落ちないよう、ずっと帽子を被っている訳にもいきません。そうかと言って、ソファーやカーペットだと、タオルや服のように、60度以上のお湯に10分程度浸してアタマジラミを熱湯消毒した後に洗濯する、という駆除策を講じることもできません。

 

そこで使えるのが、アース製薬から販売されているアタマジラミにも効く虫除けスプレーだそうです。その名も、「シラミ・ダニ駆除スプレー」。なんでも、フェノトリンという殺虫成分が含まれたスプレーで、1回噴射しておけば7日間に渡り駆除効果が持続するのだとか。もちろん、人体には何の害もありません。

 

そのため、アタマジラミ症を周りの人に拡大感染させることも、ぶり返すことも無く確実に治したい場合は、「シラミ・ダニ駆除スプレー」の併用が強く推奨されるそうです。

 

アタマジラミ0558