アタマジラミ 消毒

アタマジラミ症に熱湯消毒は使えない!?

アタマジラミには昔から熱湯消毒が良いと言われています。

 

確かに、アタマジラミのような寄生虫は熱に弱いという特性を持っていますからね。そのため、アタマジラミ症にかかっても、そこまで苦労することは無いと思っていましたが…実はそう単純な話ではないそうです。

 

なぜなら、熱湯消毒は人体に適用できないからです。詳しく言うと、アタマジラミを殺すには最低でもお湯の温度は60度必要みたいです。

 

人間が入れるお風呂の温度なんて43度が精々ですから、確かに熱湯消毒なんて実践しようものなら火傷してしまいますね。

 

一応、シャワーとシャンプーで念入りに洗えば、アタマジラミの卵は無理でも成虫の方は落とせるため、症状を一時的に鎮めることはでいますが。

 

ただ、熱湯消毒がまったくアタマジラミ症に役立たない訳ではありません。

 

具体的には、アタマジラミ症の人が着ていた服や、使っていたシーツや枕カバー、タオルにはアタマジラミが付着していて、そのまま洗濯しようものなら他家族にまでアタマジラミの感染が拡大する危険性が高いそうです。

 

そのため、洗濯前にお湯に浸してアタマジラミを殺虫しておくことで、家族内での拡大感染が防げるという意味では、熱湯消毒も有効なんですね。

 

アタマジラミ0010

 

写真 「シラミン」アタマジラミ駆除3点セット

 

アタマジラミ症は大人でも治療が必要です

アタマジラミ症は子供に多いイメージですが、実は大人でもかかる病気だそうです。なぜなら、アタマジラミ症を引き起こす寄生虫のアタマジラミは、老若男女問わず誰にでも寄生するからです。

 

しかも、アタマジラミ症に免疫は関係無いため、大人だからと言って治療せず治る訳ではありません。

 

そのため、重症化するまで放置してどうにもならなくなって、アタマジラミ症で皮膚科にかかる大人は意外と多いそうです。

 

アタマジラミ症は重症化すると、頭皮から血が出ているのに掻き毟るのを止められず、掻き傷が化膿して大変なことになると聞きますから、なるべく早期の内に治療しておきたいところです。

 

そこで、アタマジラミ症の治療について調べたところ、重症化していない限りは十分自力で治療できると分かりました。なぜなら、病院で処方を受けなくても、ドラッグストアでアタマジラミ駆除剤が配合された薬用シャンプー「スミスリンシャンプー」を買えるからです。

 

具体的には、スミスリンシャンプーで2日おきに洗髪するというのを3~4回繰り返せば、アタマジラミを卵も含め1匹残らず駆除できるとのことでした。アタマジラミ症は重症化したら大変そうですが、早期の内なら簡単に治療できるんですね。

 

アタマジラミ0540