アタマジラミ 原因 症状

アタマジラミの症状の原因とは?

アタマジラミ症を患うと、とにかく頭皮が痒いそうです。ひどいと、頭皮から血が出ているにもかかわらず、我慢できず掻き毟ってしまうとかで。

 

そのため、その掻き傷が化膿して皮膚科にかからなければいけない事態も考えられるみたいです。

 

また、頭皮の痒みはアタマジラミだけでなく、乾燥や蒸れ、アレルギー反応等と他に原因は色々と考えられますが、アタマジラミ症の痒みは綺麗に頭を洗っても数日したらすぐぶり返すという特徴を有すため、素人でもすぐ分かるそうです。

 

では、なぜアタマジラミはそのような痒みを引き起こすのでしょうか?アタマジラミ駆除の際の痒みの原因を調べたところ…原理は蚊の虫刺されと同じだと分かりました。

 

具体的には、アタマジラミは頭皮から吸血する際、痛みを感じさせないよう麻酔成分を抽入するところ、その麻酔成分に人体が痒みという形でアレルギー反応を起こすそうです。

 

ただ、アタマジラミはそうして吸血すると同時に髪の毛に卵も産み付けるため、念入りに頭を洗ってもそれらの卵が孵化すると痒みがぶり返すのだとか。

 

つまり、アタマジラミは寄生する中で繁殖もするため、ウ良い痒みを延々と引き起こすんですね。そのため、アタマジラミ症は発覚次第、薬用シャンプーですぐ対処するのが一番だそうです。

 

アタマジラミ0007

 

抵抗性アタマジラミの定義とは?

抵抗性アタマジラミというのが、最近問題になっているそうです。なんでも、アタマジラミ症の治療薬でよくある「スミスリン」という殺虫成分が効かないとかで。

 

具体的には、所定の期間とサイクルに従い「スミスリンシャンプー」や「スミスリンパウダー」を使っても頭皮の痒みが治まらない場合は、抵抗性アタマジラミの可能性が高いみたいです。

 

しかし、スミスリンに耐性を持ってしまった抵抗性アタマジラミに効く薬剤は、今のところ開発されていないそうです。

 

では、抵抗性アタマジラミによるアタマジラミ症は、どう治療すれば良いのでしょうか?なんだか、スミスリンが無かった昔のように、アタマジラミを根こそぎ除去する散髪しか手段が無いようにも思えます。

 

ただ、実際は「ニットフリーコーム」等のアタマジラミ駆除用の櫛を使うという手があるそうです。

 

なんでも、普通の櫛と異なり歯がビッシリ細かくついていて、尚且つその歯の1つ1つに特殊な溝が掘られているため、髪をコーニングすればかなりの高確率でアタマジラミの成虫や幼虫をひっかけて除去できるとかで。

 

とは言っても、アタマジラミの卵までは小さいため除去できず、それらが全て孵化し切るまで続ける必要があるため、やはり完治まで時間がかかるみたいです。

 

アタマジラミ0537