アタマジラミ 感染予防

アタマジラミの家庭内感染の予防

 

アタマジラミの家庭内感染の予防としては、川の字になって一緒に寝ないことが重要です。

 

特に兄弟や姉妹がいる家は、感染しやすい事が多いので気を付ける必要があります。

 

私の家も、姉妹でアタマジラミに感染してしまい、毎日毎日姉妹の枕カバーやシーツを交換するのが大変でした!

 

特に枕カバーは入念にチェック!

 

アタマジラミの成虫や卵が落ちている可能性がありますので、肉眼でチェック!

 

その後に、念のために、熱湯消毒をしてから洗濯して、最後には熱風で処理をします!

 

それをずっと続けていたら、ようやくアタマジラミがなくなりました。

 

頭皮はスミスリンシャンプーで2、3日おきに使い、髪についている卵が孵化するのを待ちました!

 

やっぱりそれだけやっていると、どんどんとアタマジラミが減ってくるので、ようやく終わりが見えるようになりますね。

 

でも、それまではかなり大変なので、掃除と洗濯でてんてこ舞いになってしまいます。

 

小さい頃のアタマジラミって、お母さんが何でもかんでもやってあげないとなかなか減りません!

 

シャンプーだって、テキトウにやっているとなかなか死なないと思って、私が毎日、姉妹の頭を洗っていました。

 

親がチェックしないと、ひどくなりますね。

 

アタマジラミ症の薬について

 

アタマジラミ008

 

アタマジラミは自分で発見するのは難しい!

 

アタマジラミのチェック方法でよく使用されるのが手鏡です。

 

自分で頭皮のアタマジラミがどうなっているのか、確認するためには、やはり手鏡を使ったチェック方法が一番手軽です。

 

ただし、手鏡を使っても、アタマジラミというのは、頭部の後ろにいることも多いので、なかなか自分では見えにくいことも多いです。

 

そのため、自分でアタマジラミをチェックするのには、限界があります。

 

やはり出来るだけアタマジラミを完璧にチェックしたいのであれば、家族に頼むのが一番気心が知れているので楽だと思います。

 

一人暮らしなどで、気軽にアタマジラミのチェックをしてもらえない人は、友人や恋人など、頼める人がいない場合、皮膚科受診することもおすすめです。

 

アタマジラミになった時には、大人の場合は皮膚科を受診するのが一般的です。

 

一方、子供の場合は、皮膚科も良いですが、小児科も利用することができます。

 

かかりつけの小児科が近くにあるのであれば、皮膚科じゃなく、小児科を受診した方が、子供も緊張しないで済むと思います。

 

ただし、アタマジラミは病院へ行っても、行かなくても、どっちにしても、スミスリンシャンプーで駆除することになるので、医者には行かなくても大丈夫です。

 

アタマジラミ0193