アタマジラミ 住みか

アタマジラミはどこに住む?

 

アタマジラミは基本的には、頭部にしか住みつきません。

 

しかし、稀に前髪がある場合は、眉毛やまつ毛へうつることがあります。

 

アタマジラミはうつりかたも、感染者との頭部の接触、寝具や洗濯物の共有に気をつければ大丈夫です。

 

ただ、アタマジラミは家族がいる人は比較的発見しやすいですが、一人暮らしをしている人などは、なかなか自分でアタマジラミだと気づくことが少ないと思います。

 

よく大人の場合は、美容室でアタマジラミを発見してもらうことになるケースが多いです。

 

美容師さんのように、頭皮をいじる機会がある人は、アタマジラミを発見することが、結構あるようですね。

 

やはりアタマジラミは、自分で自覚症状があんまりないので、他人に指摘をされないと、わからないことが多いでしょう。

 

頭皮がちょっと痒いくらいで、すぐにアタマジラミだと分る人は少ないです。

 

家庭内にアタマジラミの感染者がいれば、アタマジラミだと予想できますが、一人暮らしの場合は、やはり美容室などで発見されるのが一般的です。

 

そのため、自分で駆除をしても、本当にアタマジラミが死んでいるのか、確認しにくいので困ってしまいます。

 

どうしてもしっかりチェックしたい人は、三面鏡のような広い鏡が必要になります。

 

アタマジラミ018
シラミ駆除に使用される薬

 

アタマジラミの卵は中々気づかない

アタマジラミは成虫よりも卵が厄介と言われています。確かに、痒みの原因は頭皮から吸血するアタマジラミの成虫です。

 

しかしアタマジラミの成虫は、殺虫剤が配合された薬用シャンプー「スミスリンシャンプー」でなくとも、普通のシャンプーで念入りに洗髪することで簡単に洗い流せるそうです。

 

一方、アタマジラミの卵は髪の毛に強くへばり付いているため、スミスリンシャンプーを複数回使うことでした除去できません。しかも、アタマジラミの卵には、見た目から中々気づかないという厄介な面もあるそうです。なんでも、フケと中々見分けがつかないとかで。

 

具体的には、アタマジラミの卵は2~3ミリはある成虫と異なり、1つにつき0.5ミリしかないため、肉眼でフケと見分けるのにはかなり苦労するそうです。

 

そのため、フケと違って丸い形をしているか、髪を取り巻くように付着しているか、毛の根元から離れた場所に付着しているか、指で摘み取るのに苦労するかと、色々な要素から特定する必要があるみたいです。

 

となると、アタマジラミの成虫を簡単に洗い流せてしまうのは、寧ろ厄介なんですね。アタマジラミの成虫が頭部で見付かった方が、簡単にアタマジラミ症と特定できますから。

 

アタマジラミ0527