アタマジラミ 子供

子供がアタマジラミ

 

共働きのママさんは、子供がアタマジラミになってしまっても登園させたがる人が結構多いと感じます。

 

やっぱりアタマジラミになってしまうと、完治するまで2~3週間くらいはかかってしまいますからね。

 

アタマジラミが完治するまで登園させないとなると、親もその間、お仕事を休むことになってしまいます。

 

でも、2週間も3週間も、子供のアタマジラミで休みが取れる会社なんて、ありません!

 

そうなってくると、やっぱり預ける場所が他にない場合は、アタマジラミになっても、子供を登園させるしか方法がないんですよね。

 

感染症だから、アタマジラミが他の子に広まったらどうしようとか、お母さんも色々と心配な部分はあると思います。

 

でも、アタマジラミで仕事は休めない!

 

そういう気持ちもありますよね。

 

特に幼稚園や保育園のような場所では、感染症は敬遠されることが多く、幼稚園や保育園に相談してもあまり登園してほしくないという雰囲気が出ているケースもあります。

 

なので、働くお母さんとしては、やっぱり気になってしまいますよね。

 

本当は歓迎されていない場所に、アタマジラミの子供を登園させるのは、親としては、かなり難しい選択だと思います。

 

これが小学校だと、もうちょっと違うんですけどね。

 

アタマジラミ001

 

アタマジラミになったら専用の櫛を買おう!

アタマジラミは普通の櫛ではなかなか卵まで取れにくいですが、アタマジラミ専用の梳き櫛となると、ごっそり卵が取れます!

 

普通の櫛よりも、アタマジラミ専用の梳き櫛の方が高額ですが、2千円程度で購入できます。

 

スミスリンシャンプーが3千円くらいして、おまけにたったの100mlくらい(人によって5回~10回)くらいしか入っていないことを考えると、くり返し使えるアタマジラミ専用の梳き櫛の方が、安く感じます。

 

スミスリンシャンプーは消耗品なので、スミスリンシャンプーだけでアタマジラミを駆除しようと思うと、何本も必要になってお金がかかります。

 

それだけに、アタマジラミ専用の梳き櫛も利用した方が、結果的には安く済む可能性もあります。

 

スミスリンシャンプーはアタマジラミの卵には効果がありませんので、アタマジラミの卵で困っている人はには、アタマジラミ専用の梳き櫛の方がおすすめです。

 

アタマジラミ専用の梳き櫛であれば、誰が使ってもごっそり卵が取れると人気があります。

 

髪に付いた卵の駆除は、非常に難しいので、アタマジラミ専用の梳き櫛で卵が取ってしまった方が早く駆除できるのでおすすめです。

 

卵が孵化してからスミスリンシャンプーで駆除するよりも簡単です。

 

アタマジラミ0185