アタマジラミ 美容室

アタマジラミ0624
成虫と卵を同時に駆除できる新しいタイプのシラミ駆除剤

アタマジラミを早く駆除したい人へ

アタマジラミをてっとり早く駆除したくて、美容院に行ったり、自分で毛染めをしたりして、アタマジラミを撃退しようと思っている人がいるようですね。

 

でも、アタマジラミって、美容室に行っても、自分で毛染めをしても、完全に駆除することは難しいんですってね。

 

まあ、何もやらないよりは、アタマジラミの数が減るのかもしれませんが。

 

美容室に行ったくらいでは、アタマジラミの全滅は無理のようです。

 

なので、美容室や毛染めを自分で使っても、無駄に終わってしまう可能性が高いので、大人しくスミスリンシャンプーやスミスリンパウダーを購入した方が、よほど安上がりのようですよ。

 

スミスリンシャンプーやスミスリンパウダーは、2千円もあれば購入できますし。

 

何よりも、使い続ければ、アタマジラミを確実に減らすことが出来ると言われています。

 

一方、美容院なんかは、カラーリングやカットで1回で1万円以上する上に、アタマジラミを全滅できないんですから、相当コスパが悪いですよね。

 

髪は綺麗になるかもしれませんが、アタマジラミは駆除できないので、高くついてしまうと思います。

 

やはりアタマジラミの駆除は、王道のスミスリンシャンプーの方が頼りになります。

 

アタマジラミ007

 

アタマジラミにはオイルを併用しよう!

 

アタマジラミがスミスリンシャンプーに対して耐性を持っている場合、ティーツリーオイルを併用して駆除しましょう!

 

アタマジラミはティーツリーオイルなどを塗られてしまうと、窒素して弱まると言われています。

 

アタマジラミが弱まった時にスミスリンシャンプーを使うと、やはりスミスリンシャンプーの単体よりも、効果があるようです。

 

ただし、オイルは使い方を間違ってしまうと、スタイリグンしにくくなってしまうので、オイルの量にはかなり気を付けないといけません。

 

もしもオイルの量をつけすぎてしまうと、髪がオイルでべとべとになってしまい、シャンプーをしてもなかなか取れないことがあります。

 

そのため、アタマジラミを完全に落としたい人はよく洗髪して、すすぐようにしましょう!

 

やっぱりシャンプーでしっかりと油が落ちるようにするのが大事です。

 

そのため、市販のシャンプーにオイルを数滴まぜて使うと言う人もよくいます。

 

オイルはアタマジラミが窒息すればそれでいいので、あまり大量に使わないようにしましょう。

 

根元に大量のオイルを使うのは、髪の仕上がりが悪くなります。

 

また、椿オイルやティーツリーオイルよりも、オリーブオイルの方がコスパが良いので使いやすいです。

 

アタマジラミ0192
成虫と卵を同時に駆除する天然薬用ローション”シラミン”

 

アタマジラミの駆除・治療にはどれくらいの時間がかかるか

アタマジラミの駆除は2週間が基本!

アタマジラミはしぶとく、治療にはある程度の時間と根気が必要になります。

 

日本を代表するアタマジラミの駆除剤と言えばスミスリンという製品ですが、これを利用して約2週間というのが基本の治療期間です。

 

スミスリンとは、フェノトリンという殺虫剤成分を利用したシラミ駆除剤のことで、神経毒によりシラミを駆除します。

 

これでどうして2週間もかかるのかというと、スミスリンでは、成虫の駆除はできても卵への駆除効果は乏しく、孵化を待って駆除作業を続けなければならないからです。

 

孵化までにおよそ1週間から2週間弱かかるので、仮に駆除を始めた日に産み落とされた卵が髪の毛についていたとしても、2週間駆除を続ければ、ほぼ確実に駆除を終えられるというわけです。

 

アタマジラミ0625
アタマジラミ0626

 

アタマジラミの駆除が長引くケース

これはあくまで基本の駆除期間であり、ときには2週間以上かかることもあります。

 

例えばスミスリンの用法用量を間違って使っている場合もあると思いますし、再感染についてあまり警戒をしていなかったので、掃除を怠り、枕などを介して改めて感染してしまう場合などがあると思います。

 

いわゆるピンポン感染というようなことがアタマジラミでも起きてしまえば、2週間以上駆除にかかってしまうこともあります。

 

アタマジラミ0623

 

家族間で感染が広がると、再感染の確率は高まりますから、駆除が長引くということも十分に考えられるでしょう。

 

また、一部スミスリンの効果があまり効かない、耐性シラミの存在が知られています。つまり、スミスリンをしっかり使っていたとしても駆除が終わらないケースがあるということ。

 

この場合、駆除剤を替える、手作業で駆除を完璧に終わらせるという方法が必要になります。

 

駆除期間は2週間が基本です。この期間、用法用量を守って駆除を行って、なお終わらないというのであれば、どこかが間違っている、改善が必要である、と考えましょう。

 

アタマジラミ0627
アタマジラミ0628
天然薬用素材のアタマジラミ駆除対策セット