アタマジラミ 毛布

毛布に付いたアタマジラミにはどうすれば?

 

アタマジラミ症を患っている間は、寝具の取り扱いにも注意した方が良いそうです。

 

例えば、枕カバーやシーツ、毛布等ですね。寝ている間に頭部が擦れるため、アタマジラミが付着している可能性が高いのだとか。

 

そのため、アタマジラミ症を完治させるためには、それらの寝具に付着したアタマジラミも除去する必要があります。

 

それでも、枕カバーやシーツは簡単みたいです。60度以上のお湯に10分程度浸すことでアタマジラミを熱湯消毒した後、洗濯すれば良いだけですから。

 

しかし、毛布はそう簡単に洗濯できるものではありませんからそうもいきません、掃除機をかけようにもアタマジラミが繊維に絡み付いているため中々全部は吸い取れないそうです。

 

とは言っても、クリーニングに出すのもお金と時間がかかります。そこで、他に毛布に付いたアタマジラミの退治方法を探してみたところ…天日干しが良いと分かりました。つまり、日光消毒ということですね。

 

なんでも、アタマジラミは熱に弱いという特性を持つため、お湯の熱さに限らず、日光の熱さでも死滅してしまうそうです。

 

後は、掃除機でアタマジラミの死骸を吸い取ったり、バサバサとそれを叩き落としたりすれば、衛生面でも完璧とのことでした。

 

アタマジラミ0003

 

ハイテクなアタマジラミ駆除グッズ

アタマジラミ駆除グッズとして昔からあるのが、櫛だと思います。具体的には、「ニットフリーコーム」等のアタマジラミ駆除専用の櫛ですね。目が細かく、その目にも細かい歯がついているため、髪が乾いた状態で念入りにコーニングすることで、アタマジラミをひっかけて落とせるそうです。

 

しかし、落としたところで未だアタマジラミは生きています。つまり、落とした側からすぐ拾うなり洗い流すなりしなければ、アタマジラミは自分でジャンプして移動できる関係上、かえって周囲に感染を拡大させてしまう危険性が高いということです。

 

そこで、こうした危険の無いハイテクな櫛も今では販売されています。その名も、「ロビーコーム」。なんでも、他のアタマジラミ駆除用の櫛と異なり、ロビーコームの歯には電流が流れているとかで。そのため、アタマジラミはひっかかると同時に、その電流によって感電死してしまうんです。

 

つまり、除去された時点でアタマジラミは単なる死体となっているため、後処理に気を遣う必要は無いんですね。また、コーニングの最中にアタマジラミが歯にひっかかると音によって知らせてもくれるため、分かりやすさの点でもロビーコームは人気とのことでした。

 

アタマジラミ0533
アタマジラミ駆除専用のコーム